コレステロールの重要性

コレステロールは、人間の体内にある脂質のひとつに該当します。コレステロールといえば、肥満や健康に悪いというイメージを持つ人も相当数いるでしょう。実際のところ、必要以上にコレステロールを摂取すると肥満や様々な病気の原因になる可能性が高くなります。しかし、コレステロールは細胞膜や神経の材料となる、人間の体に必須な物質です。

なお、コレステロールはホルモンを作り上げる機能にも関係があり、男性ホルモンや女性ホルモン、それから副腎皮質ホルモンなどを作るためには必須の成分です。またコレステロールは、消化機能に欠かせない胆汁に重要な胆汁酸を作る材料にもなります。うまく体を機能させるために必要なコレステロールが足りないと、色々な影響が出てきます。細胞膜の形成に欠かせないコレステロールが足りないと、細胞の状態を正常に守り続けることが困難になります。

このようになると、病気に対しての抵抗力を意味する免疫力の低下が見られるようになり、病気にかかりやすくなります。その上、神経の伝達機能に影響が出たり必要な胆汁が構成されないと消化機能にも影響が出てきます。このようなトラブルを起こさないためには、適量のコレステロールが重要なのです。

コレステロールの1日分の摂取量は1.5~2.0g程度だといわれています。そのうち70~80%は肝臓で生成され、20~30%は食品から摂り入れて健康状態を保つために活用されています。正常な健康状態の人は、コレステロールを余計に摂っても、気付かぬうちに体の中でコレステロールが作られる量を抑制する働きを行い、体内のコレステロールを一定量に調整してくれます。しかし、高齢になるとこうした機能が衰退化してしまうのでコレステロールの調整が困難になるようです。

LDLコレステロールとHDLコレステロール

特に健康診断に行ったりすると、絶対と言っていいほどコレステロールのことを見聞きするでしょう。コレステロールは、欠如しても過剰気味でも健康に影響が出てしまいます。

コレステロールというと動脈硬化などマイナスなイメージを持ちがちですが、コレステロールは血管に害を及ぼすものではありません。脳以外にも、筋肉や内臓などに分布しており、細胞膜を健やかな状態に保つという役目を負っているのです。

健康診断の項目を見てみると、LDLコレステロールやHDLコレステロール、また総コレステロールという欄があることを理解できるでしょう。総コレステロールと呼ばれるものは、HDLとLDLの総合を指すので、コレステロールは主に2つあると考えて下さい。正しくは2種類より多く分けることが可能なのですが、健康診断において目を向けるのはHDLコレステロールとLDLコレステロールです。

詳しい話をしますと、正確にはHDLもLDLもコレステロールとは違います。コレステロールは脂質に分類されていますが、血液に溶けるわけではないのです。それゆえ、リポ蛋白に結び付き血液の中を巡っています。この際に使うリポ蛋白というのがHDLとLDLというわけです。HDLを使うコレステロールをHDLコレステロール、LDLにより巡っている種類をLDLコレステロールと呼んでいるのです。

はじめは同一のコレステロールではありますが、移動に使うそれぞれのリポ蛋白の特徴により善玉コレステロールと悪玉コレステロールに種類分けがされています。HDLコレステロールは善玉コレステロールといい、LDLコレステロールを悪玉コレステロールとされています。

HDL(善玉)コレステロールの働き

善玉コレステロールと悪玉コレステロールというのを聞いたことがある人も数多くいるでしょう。コレステロールは体に悪いというのは誤りで、体に良い作用をもたらすコレステロールもいます。善玉コレステロールは、HDLコレステロールを指します。

HDLコレステロールとは、血液中を動き回るときにHDLというリポ蛋白を巧みに使って行き来しているコレステロールのことです。

善玉コレステロールも元はただのコレステロールで、LDLコレステロール、つまり悪玉とあまり違わないのです。ところが、物質の成り立ちによって密度や大きさ、作用の仕方が一緒ではないので、善玉・悪玉と区別が必要なのです。

たんぱく質を多く含む高比重リポ蛋白のHDLは、体中で余分となったコレステロールを肝臓まで運搬してくれます。そして血管にたまることによって、憎むべき動脈硬化を生じる恐れを増大させる動脈壁に付着したコレステロールもなくしていきます。このように、体にとってよい働きをしてくれるコレステロールということで、善玉コレステロールと名前が付いています。

健康な体に欠かせないHDLコレステロールを活躍させるためには、とにかく食べ過ぎはご法度です。毎日三食のリズムを崩さず、ふんだんに食物繊維が含有された食品を優先的に摂り入れる、咀嚼回数を多くすることなどを徹底すると、食べすぎや早食いを防止するといわれています。太りすぎや中性脂肪の摂り過ぎは、善玉コレステロールの数を低下させてしまいます。

LDL(悪玉)コレステロールの悪影響

体を壊さないようにするためには、コレステロールの過剰摂取は体に良いとはいえません。数あるコレステロールの種類でも、LDLコレステロールという種類は悪玉だとされ、体に悪影響を与えるものです。

LDLコレステロールというのは、形を変えリポ蛋白となり血液中を往来しています。このため、血液中のLDLコレステロール値が高くなると、飽和状態になり、いつまでも血液中に存在することになります。血中に長くLDLコレステロールが残留することによって、酸化がしやすくなり変性に繋がります。変性したLDLコレステロールというのは血管の内部に沈殿しやすく、動脈硬化のリスクを高めることになります。

LDLコレステロールの中でも、小型タイプのLDLについては一般的な大きさのLDLよりも肝臓に吸収されにくいため血管内に居続ける時間が長いのです。つまり小型LDLコレストロールというのは違う名称の超悪玉コレステロールとして扱われることがあります。健康に悪い作用を持つ超悪玉コレステロールは、内臓脂肪型肥満の人や中性脂肪が多い人、さらに高血圧・高血糖などの人が特に増加しやすいとされているのでくれぐれも気を付けましょう。

悪玉コレステロールの除去に効果的なのは、干ししいたけやゴマ、緑茶などがお勧めです。ゴマには酸化に抗力のあるセシミノールという物質が含まれていて、悪玉コレステロールが酸化してしまうのを抑えてくれます。そして干ししいたけに含まれる物質エリタデニンは、肝臓のコレステロール代謝を促す作用がありますから効率良く悪玉コレステロールを撃退できます。


山口で人気の脱毛サロン
山口県の脱毛サロンの数はそれほど多いわけではありませんが、少数精鋭で優れたサロンが並びます。どこを選ぶかは悩みどころですが、選ぶべきポイントを列挙します。