コレステロールで発症する病気

人の体にとって、コレステロールは欠かせない存在です。体の中のコレステロール値が低い状態だと、健康な生活を送ることができなくなるでしょう。ただし、いくらなんでも過剰というのはよくありません。必要以上のコレステロールは、病気を誘発する可能性があります。

コレステロールが多くなることで発症する病気としてよく知られるものに、動脈硬化が存在します。動脈硬化にはコレステロールが相当に関係すると捉えられています。それから、余計なコレステロールが血管の中に残ると、血管の一番内側にある内皮細胞に損傷を負わせてしまいます。血管にできた傷から悪玉コレステロールが入り、内皮細胞よりもさらに奥の内膜に行き着いてしまいます。そしてその傷から、コレステロールのみならずカルシウムや血小板まで内膜に入り込みます。これらは固まって塊をつくり、血管内部が細くなります。

このような血管狭窄状態が心臓の冠動脈で発生すると、心筋梗塞や狭心症の引き金となるケースがあります。血管は動脈硬化により硬くなっているものですから、負荷を与えることで血管破裂といった余談を許さない状況へと結び付きます。

これ以外に、基準値を超過したコレステロールによりなりやすい病気にコレステロール胆石というのが存在します。コレステロールには、胆汁酸の素となり消化作用を助けるという働きがありますが、過剰な脂質を含む食事やストレスの蓄積により胆のうに胆石ができる場合があります。つまりコレステロールが過剰だと病気になる確率を高めてしまうので、バランスの良い食生活を送ることや適度な運動を取り入れることなどでコレステロールの調整を常に考えましょう。

コレステロールと生活習慣病の関係

生活習慣病とは、食生活が乱れていたり、慢性的な運動不足に陥っていることの他、お酒や煙草の嗜好品を好んだり、ストレスが溜め込まれていることなど、何気ない暮らしの中にあることが主な原因として考えられています。内臓脂肪型肥満と呼ばれるひとで、高血圧症、高血糖症、高脂血症の中で2つ以上該当するといった状態になることをメタボリック症候群と定めています。多くの原因が積み重なったメタボリック症候群のケースでは、相応の危機が迫っていると解釈できます。

生活習慣病、メタボリックシンドロームに、コレステロールは大きなかかわりを持っています。コレステロールは特に、高脂血症が生じることと結び付きがあります。高脂血症(脂質異常症)と医者に告げられても、はじめの段階では血液の中のコレステロールが余計に見られるという問題くらいで、なんら症状があるわけではありません。

ただし、例え自覚症状が引き起こされないからといって、過剰なコレステロール値のままで放っておくと様々なトラブルが起こる可能性があります。知らず知らずのうちに血管の内側にコレステロールが溜まり続け、意識した時には動脈硬化が悪化してしまった状態だといえるのです。さらに悪化すると、心筋梗塞や脳卒中などの重篤な病気を引き起こす可能性すらあります。

LDLコレステロール(悪玉コレステロール)値が140mg/dl以上、またHDLコレステロール(善玉コレステロール)量が40mg/dl以下の状態で、高脂血症(脂質異常症)と診断されます。

大多数の生活習慣病は自覚症状があらわれないまま悪くなりますから、サイレントキラーと呼称されています。他人事だと思って健康管理を疎かにしていると、いきなり命を落としたりと予想もつかない状態に陥ってしまう可能性があります。健康診断によってトラブルが発覚した際には、きちんと治療を受けるようにしましょう。

高齢者とコレステロールの関係

年を負うにつれ、体内のコレステロールを均整に維持しようとする機能が衰えてしまいます。若い人の体はコレステロールを過分に摂ってしまっても、体が作るコレステロール量を自ずと調整してくれます。一方、加齢に伴いその調節がうまく働かなくなり、コレステロールを余らせるようになります。そのため、若い人よりも高齢の人はコレステロールの過分摂取に考えることが求められます。

毎日の食事でコレステロールを多く含む食べ物を避けることも、良好なコンディションを保持するためには必須です。コレステロールを多く含んでいる食品には、動物・魚の内臓、卵などがあります。詳しい食物に関しては、各種レバーや、魚卵、するめなどです。酒の肴として好まれるような食べ物に関しても、高コレステロールのものもあるので、過剰摂取は避けましょう。そして、エクレア、シュークリーム、ケーキなどについても多くのコレステロールを含むので食べ過ぎはやめましょう。

高コレステロールの食品を摂り過ぎないようにするのが理想的ですが、食べてはいけないということではありません。コレステロールが多いからと好物なのに遠慮したのではストレスを増やしてしまいます。ストレスを溜め込むと、これと連動してコレステロール値が高まりますから、ほどよく摂ることが大切です。