コレステロールを下げる方法

コレステロール値を下げる食物

コレステロールは、正常な体を保持するために大切なものです。しかし、どんなに良いものでも過剰に摂りすぎるということはトラブルの引き金になります。とりわけ、悪玉コレステロール即ちLDLコレステロールが多すぎるのは問題で、例えばメタボリックシンドロームや生活習慣病の原因となることもあります。自身の体を健やかにするために、高いコレステロールが発覚した際には改善する努力をしたほうがいいでしょう。

日常的に摂取する食物によっても、過剰なコレステロールの値を抑制できます。まず、水溶性の食物繊維は過剰なコレステロール値を良くするのに使える存在です。そのうち、粘り気のある食物のオクラ、山芋に備わっているムチン、こんぶやワカメに多いアルギニンはコレステロールの抑制に有効的です。

水溶性食物繊維は、腸内でコレステロールを覆ってしまいそのまま体の外に押し出してしまうので、基準より高いコレステロール値の偏りをなくすことができます。加えて、コレステロール値の抑制には、不飽和脂肪酸が豊富な食べ物を摂ることが有効です。

不飽和脂肪酸はコレステロールの沈着を阻害する力がありますので、コレステロール値を下げてくれます。不飽和脂肪酸が豊富な食べ物としては、青魚として知られるサバ、イワシ、アジなどが存在します。菜種油、大豆油、そしてオリーブオイルについても不飽和脂肪酸が豊富です。

食生活の他にも、コレステロールの代謝には肝臓も密接な繋がりを持っています。肝臓の働きが悪いとコレステロールを処理する力が落ち、血液に溜まった結果、高コレステロール血症になってしまうこともあります。このため、肝機能を向上させるタウリンを摂取するのも、結果的にコレステロール値の低下に結び付きます。

コレステロール値を下げるお茶

近年では健康意識が高まりつつあり、豊富な企業によって健康を目的とした特定保健用食品などが売られています。血圧や血糖値を正常にしてくれるお茶のコマーシャルなどもよく見かけます。このように健康を謳ったお茶の中には、コレステロールを下げる働きをしてくれるというものもあります。

カテキンという成分が緑茶の中には含まれていますので血中コレステロール値を抑える効果があります。茶カテキンというのはコレステロール中の悪玉とされるLDLコレステロールに効き目があります。また、茶カテキンには強い抗酸化作用がるため、悪玉コレステロールが超悪玉コレステロールへと酸化してしまう事態を予防してくれるわけです。

LDLコレステロールを引き下げるのに役立つお茶の一種として、伊藤園より「引き締まった味 カテキン緑茶」といった商品が出ています。伊藤園のこの商品には、コレステロールの吸収が行われるのを抑える効果が期待でき、さらに血清コレステロールの値を低下する働きがあります。

カテキン緑茶は実験によって効力が証明されていて、消費者庁による許可を取得しトクホとして認定されたお茶です。代表的なものではダイエットに効果があるといわれている、中国茶の一種であるプ―アール茶にも血中コレステロールや中性脂肪を撃退してくれる働きがあるとされています。

このようにお茶に含有されている茶カテキンが血中コレステロールの抑制に効果があることから、カテキンを有したサプリメントも売られています。コレステロール値が高い人は、過剰に脂質を摂取する食事をやめ、定期的に運動を実践し、またそれらと併せてコレステロール値を下げる効果のあるお茶を活用するのが良いでしょう。

コレステロール値を下げる運動

高コレステロールといった状態の時は、動脈硬化や肥満といった症状が出やすい傾向にあります。コレステロール値を高める引き金になることとしては、摂取カロリーを考えない食事や運動不足があげられます。脂肪の少ない食事を心がけることは、コレステロール値を低く抑えるのに適した手段です。

食事での体質改善だけでなく、体を動かせばよりコレステロール値を効果的に下げることができます。コレステロール値を下げる方法としては、有酸素運動が最も効果的だといえるでしょう。この有酸素運動は、水泳やジョギングなどが代表的です。

コレステロールを下げるための運動は、食後3時間以上時間をあけてから取り組むのがベストです。中性脂肪というのは、食事を終えた後の3時間が最多になるタイミングですから、これに合わせて運動を始めると中性脂肪を効率的に落とすことができるのです。体内の中性脂肪を減らすことで、体に良い効果を与えるとされる善玉コレステロールを増加させることができます。

コレステロール値の偏りをなくすことを見据えた運動は、疲労感を感じるほどの運動はしなくても構いません。しっとり汗をかく程度の運動を30分から40分の間、できるだけ毎日欠かさず、難しいようでしたら週に3回程度行なうとよいでしょう。

コレステロールの増加を抑えるには、ジョギングの場合1日3から4キロ程度行うのが理想で、できるだけ時間をかけてゆっくりと走るといった方法がより良いとされています。ウォーキングの場合も同様でただ歩くのではなく、歩幅は広く、間違いのない姿勢で1日2から3キロほどを意識しながら行いましょう。何よりも毎日続けるといった行為が正常なコレスレロール値を維持するには大切ですから、しんどい思いをせずに続けていける運動を選ぶことがポイントです。